遺言書の作成サポート|Nmk事務所

遺言書って必要ですか?

遺言とは、この世を去ったあと、「どんな遺産を、誰にのこしたいか」を実現するために大切な手段です。遺言書がない場合は、民法で定められた相続人が、定められた割合で相続することになります。家族のかたちが多様化している今、遺産についての考え方はさまざまです。

自分の死後、どんな遺産を、誰にのこしたいか。

一緒に考えてみませんか?

遺言書がないと…こんなデメリット

財産が見つからない

どの銀行に口座があるのか?
タンス預金はどの程度あるのか?
株式はあるのか?etc…

たとえ夫婦でも、全部は把握していないこともあると思います。 遺言書がない場合は、これらの財産の有無を、のこされた家族の方が一つ一つ調査しなければなりません。それは、まだ悲しみの中にいる時かもしれません…。

遺言書と一緒に財産目録を作成し、どんな財産があるのかを明示しておくことで、相続人がスムーズに手続きをすることができます。

相続トラブル

財産の調査が終わると、のこされた相続人で遺産分割協議をすることになります。

遺産が現金のみであればきれいに分けられますが、不動産や車、株式など、一概に○○円と価値を決めにくいものもあり、公平に分割することは意外と難しいものです。

また、自分の取り分について強く主張する相続人がいた場合、遺産分割協議をきっかけに家族がギクシャクしてしまうことも…。

遺言書があれば、遺言書で故人が定めた内容に従って遺産を分けることになります。「車は長男へ」など、特定のモノを指定することもできますし、お世話になった友人など、家族以外の人に財産を分けることも可能です。

不公平感が生じてしまうときは、「いつも看病をしてくれたことへの感謝の気持ちとして」など、理由も遺言書に書いておくことで、相続人の方の納得感が生まれやすくなります。

遺言をつくる重要性が高い人はどんな人?

次のケースに当てはまる方は、特に遺言を作成する重要性が高まります。

その理由は、こちらのページで解説していますのでご参考ください。

遺言書を作成してみませんか?

多様性のいま、家族のかたちは様々です。上記のケースに当てはまらない方でも、遺言書を作成することをおすすめしています。ご夫婦・カップルの場合は、お互いにそれぞれ作成しておきましょう。

ありがとう。」など、普段は言いづらい感謝の気持ちも、遺言書の文中に記載しておけば、自分の死後に思いを伝えることもできますよ。

お客様からのご依頼をお待ちしております。お問い合わせフォームからぜひご連絡くださいませ。

お打ち合わせは


東急池上線 池上駅
より 徒歩3分

〒146-0082 東京都大田区池上7-2-7

創業支援施設「
フェムベース」内の
会議室が利用可能です。

お電話 
080-7471-0064
(平日9:00~18:00)

事務所所在地
なみき事務所(貿易実務):東京都大田区池上7-2-7
司法書士なみき事務所/行政書士&国際貿易Nmk事務所(東京司法書士会 第8130号/東京都行政書士会 第14458号):東京都大田区池上4-6-6

タイトルとURLをコピーしました